この度、当会の協力団体「一般社団法人 国際未来医療臨床医学会」の発足とその記念シンポジウム開催が決定いたしましたので、そのご案内をいたします。

協力団体の共同代表理事には福澤嘉孝当会理事長が、理事に川上智史当会理事が参画しております。

この国際未来医療臨床医学会は、冠に「国際」とつけており、文字通り海外の情報も網羅する学会を目指しています。

以下に共同代表の挨拶を転載致します。
https://sifcm.org/

世の中は、目まぐるしく変わっています。私たち医療人を取り巻く環境も、再生医療、ゲノム医療、免疫療法、mRNAワクチン、IoT、A Iの導入など、新しい技術と知識の流入と共に大きく変わろうとしています。まさに「治療医学」から「予防医学」へと生まれ変わるパラダイムシフトが目の前までやってきています。20世紀には現代医療から統合医療への扉が開かれ、多くの慢性疾患の治療成績が格段に上がりました。そして21世紀現在、予防・先制医療を中心に、アンチエイジング、ピンピンコロリ社会を目指す未来医療への扉が開かれようとしています。

2021年に始まったCOVID-19パンデミックは、人類社会に大きな影を落とす一方で、PCR検査, mRNAワクチンなど先進技術の飛躍的進歩をもたらしました。さらには、ステイホームで普及したオンラインゲーム機のG P U(Graphics Processing Unit)は、図らずもA Iの心臓としてその演算処理速度を飛躍的に高めました。

今や世界は、センシング技術とA Iを合体させたSmart Homeで、人体のbig dataを収集して、Digital Health を構築する段階に入っています。ベッドが、呼吸・心拍・睡眠・などのバイタルサインを計測し、トイレが排泄物の代謝物質を計測します。近い将来、健診のためにわざわざ病院に行く必要がなくなります。

これからの医療従事者は、従来の医療技術の習得はもちろんのこと、再生医療、ゲノム医療、mRNAワクチン、IoT、A I、そしてBig-Dataの取り扱いにも精通しなければなりません。人類が百数十年かけて構築してきた診断学・治療学は、数年のうちにA Iにとって変わられるかもしれません。そして人類はよりクリエイティブかつ未知な領域の医療技術の開拓に従事しなければなりません。

本学会は、従来の治療医学の枠にとらわれず、世界水準の未来医療を臨床に取り入れて、up to dateに進化していく。そのような人材の育成に力を入れ、人類のクオリティオブライフの向上に寄与することを目的と致しました。

新学会発足を記念いたしまして、世界的に有名な古都・京都にてシンポジウムが開催されます。

また、来年の学術大会は日本先制臨床医学会との共同開催を予定しております。

共同代表 新垣実 福澤嘉孝

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02yggf8fbw231.html

ぜひ新しい学会「一般社団国際未来医療臨床医学会」を知っていただき、発足記念シンポジウムにも皆様でご参加下さいますよう、宜しくお願い致します。

一般社団国際未来医療臨床医学会

https://sifcm.org/