世界中のがん難民と難病難民を救済することを目指す団体です。

組織紹介

  • HOME »
  • 組織紹介

設立趣旨

我が国の医療は、戦後の国民皆保険制度の恩恵により、世界最高レベルの医療を全ての国民が享受できるという理想的な医療を実現しました。

一方で、皆保険制度に伴う標準治療の固定化や混合診療禁止のルールなどにより、標準治療と先端医療・補完代替医療などを組み合わせる先制医療・先端医療・統合医療の分野で、特に癌、糖尿病・自己免疫疾患等の生活習慣病や、原因不明で治療法の確立されていない多くの難病に関する医療分野では、諸外国に比べて極めて立ち遅れています。

医学教育においても、世界最先端の医療分野である先制医療・先端医療・統合医療の分野で基礎となる、食事・栄養分野、運動分野および精神分野の知識は軽視され、医師の栄養療法・運動療法・精神療法に関する知識は極めて低いものとなっています。

また、看護師・薬剤師・管理栄養士、その他の医療従事者は臨床現場で非常に重要な役割を担うものの、種々病態に関しての知識や臨床現場での実習が比較的少ないため、時々刻々と変動推移する患者の病態(動態)に対応できる能力が十分とは言えません。

医学・医療は新しい技術の導入により日々進歩を遂げつつありますが、治療の基本として栄養管理や食事療法、運動療法、精神療法の重要性が再認識されるに至り、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、その他の医療従事者にとって、先制医療・先端医療・統合医療を学ぶことは必須になりつつあります。

以上の実情を踏まえ、患者を対象とした先制医療・先端医療・統合医療の学術交流・情報交換のため、臨床医、栄養学研究者、運動療法研究者、精神療法研究者、看護師、薬剤師、管理栄養士、その他の医療従事者、並びに治療法・治療機器の開発者などが一堂に参加して、最新の治療法に関する研究、及び食事療法・栄養療法・運動療法・精神療法に関する研究、さらにこれらを基礎とした疾患の病態研究を行い、がん難民と難病難民を救済できる、より効果的で効率の良い治療法の実践と新たな治療法の開発を目指した学術団体として「日本先制臨床医学会」を設立することとしました。

学会の目的

がん難民及び現時点で有効な標準治療が定まらない難病患者を救済するとの理念のもと、将来起こりやすい病気を疾患の発症前に予測・診断し、先制し介入するという予防医療の観点から、効果的な予防法・検査法・治療法を開拓し臨床研究することで、我が国の学術の発展及び国民の健康増進に寄与することを目的とします。

主な研究対象分野

  • がんおよび難病の遺伝子治療、遺伝子検査
  • がん免疫療法 ・がんワクチン療法
  • 複合ハーブ療法
  • がん温熱療法(ハイパーサーミア・マイクロウエーブなど)
  • 重炭酸温浴NO療法
  • コロイドヨード療法
  • Metabogenic治療
  • リキッドバイオプシー(超早期がんプロテオ検査・尿によるがんリスク判定等)
  • AI・IoT臨床応用
  • 腸内フローラ研究・移植
  • B型肝炎治療
  • 水素療法
  • アガリクス・姫松茸
  • SMAシスプラチン
  • ケーリッシュメソッド
  • ホリスティック医学
  • 分子栄養学
  • 酸化度・抗酸化力検査 など

主な活動内容

  • 学術大会開催(年1回)
  • 学術講演会開催(年1回)
  • 定期刊行物発行
  • 「先制臨床専門医・指導医」認定
  • コメディカル認定制度
  • 倫理審査委員会(IRB)開催 等

組織図

役員構成

理事長

福沢 嘉孝
愛知医科大学大学院医学研究科(戦略的先制統合医療・健康強化推進学)
愛知医科大学病院 先制・統合医療包括センター(AMPIMEC) 教授・部長
臨床ゲノム医療学会(SOCGM) 副理事長
健康促進・未病改善医学会(JSHPM) 副理事長
世界中医薬学会連合会(WFCMS) 理事
日本医学英語教育学会(JASMEE) 理事
日本健康医学会(JHMA) 理事
日本アロマセラピー学会(JSA) 理事 など
1984年/愛知医科大学医学部卒業
1999年/内科学第1講座;助教授
2001年/内科学講座臓器別診療科;消化器内科・助教授
2003年/愛知医科大学大学院担当助教授
2009年/愛知医科大学大学院医学研究科(医学・医療教育学)教授、医学教育センター教授・センター長
2010年/米国・南イリノイ大学医学部にて研修
2014年/独逸・ミュンヘン大学医学部・客員教授、中国・中医薬大学医学部・客員教授(2016年)
2015年より現職

副理事長

後藤 章暢
兵庫医科大学先端医学研究所 教授/細胞・遺伝子治療部門 部門長
関西学院大学・神戸薬科大学・同志社大学の客員教授
昭和大学医学部・金沢大学医学部の非常勤講師
公益財団法人神戸国際医療交流財団代表理事
1992年/神戸大学大学院医学研究科修了、神戸大学医学部非常勤講師
1994年/米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター泌尿器科研究員
1995年/米国ヴァージニア大学ヘルスサイエンスセンター泌尿器科研究員
1996年/神戸大学医学部泌尿器科助手
2000年/神戸大学医学部附属病院泌尿器科外来医長
2001年/神戸大学医学部国際交流センター助教授
2002年/神戸大学医学部附属病院遺伝診療部副部長、韓国高麗大学医学部臨床教授
2006年より現職

理事

赤木 純児
玉名地域保健医療センター 院長
1983年/宮崎医科大学医学部卒業
1989年/国立宮崎病院
1991年/熊本大学医学部付属病院第二外科 
1992年/米国・国立癌研究所リサーチフェロー
2000年/国立病院機構熊本南病院
2010年より現職
田中 善
医療法人仁善会 田中クリニック 理事長・院長
点滴療法研究会ボードメンバー
IAOMT-Asia(International Academy of Oral Medicine and Toxicology)副代表
一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 評議員
1980年/鳥取大学医学部卒業、大阪大学第一内科(現 大阪大学腎臓内科)入局
1986年/八尾市立病院内科副医長
1987年/大阪厚生年金病院腎臓内科医長
2001年より現職 
萬 憲彰
よろずクリニック 院長
特定非営利法人MCW経営サポートセンター 理事
一般社団法人日本先進医療臨床研究会 理事長
一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 専務理事
2003年/産業医科大学医学部卒業、鳥取大学医学部付属病院 第二内科入局
2004年/済生会江津総合病院 消化器内科
2008年/十字会野島病院 消化器科医長

監事

西谷 雅史
医療法人響きの杜 響きの杜クリニック 理事長・院長
日本胎盤臨床医学会理事
日本ホリスティック医学協会理事
日本統合医療学会北海道支部長
1981年/北海道大学医学部卒業
1989年/北海道大学医学部産婦人科助手
1998年/札幌厚生病院産婦人科主任部長
2005年より現職

特別顧問

坂口 力
東京医科大学統合医療研究講座 特任教授
免疫の力でがんを治す患者の会 会長
一般財団法人難病治療研究振興財団 専務理事
1960年/三重大学医学部卒業
1965年/同大学大学院医学研究科修了
1969年/三重県赤十字血液センター所長
1972年/衆議院議員初当選
2001年/初代厚生労働大臣就任
2016年より現職

組織概要

名称 一般社団法人日本先制臨床医学会
( JSPCM:Japan Society of Preemptive and Clinical Medicine )
所在地 〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町1-6-4 IMPビル
電話番号 078-806-0261
FAX番号 078-806-0262

提携団体

公益財団法人神戸国際医療交流財団
一般社団法人日本先進医療臨床研究会
一般社団法人日本先進医療推進機構

LINEで送る
Pocket

お問い合わせはこちらまで TEL 078-806-0261 【受付時間】平日10:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 日本先制臨床医学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.